修復歴のある車を車査定サイトで売ってみた結果

修復歴のある車は一括査定に出そう

車は事故を一回起こしてしまう完全に修復するのは難しいです。
パッと見でしっかし修理できたと思っていても事故前から比べると結構ダメージが残っています。

 

ダメージが残った車は車査定において修復歴がある車として減額扱いになってしまいます。

つまり、修復歴のある車は減額を避けることができません。
ただできる限り減額を抑えることはできます。ですから売却を検討している人は正しい知識をしっかりと身に着けておきましょう。

 

修理したから即修復歴アリになるわけではない!

 

車に関する知識が全くない素人の人がよく思っている勘違いは、一回でも修理したら修復歴アリとなってしまうと思っていることです。
例えば車庫入れの時にバンパーを擦ってしまって板金塗装したなどです。
この程度の軽い擦りを直したくらいでは修復歴として扱われません。

 

では一体どの程度の修理ですと修復歴が付くのでしょうか?
それは車の骨格部分を損傷してその部分を修理した車が「修復歴あり」と判定されるんです。
逆に言えば車の骨格部分を損傷しなければ、結構大掛かりな修理であっても「修復歴アリ」と判定されません。

 

 

修復歴がアリだということをある程度判断できた方がいいメリットは何か?
それは修復歴があるわけではない車を業者に上手く言いくるめられて不当に安く売ってしまわないようにすることが1点目。
さらに修復歴がないと思っていた車を後ほど修復歴アリと判断されて話がこじれたりなどを防ぐ目的があります。

 

骨格部分の修復でも程度の差は様々です!

 

骨格部分に影響があって手を加えたと言ってもその程度は色々です。軽度な修復歴はそれほど減額になるわけではありません。逆に廃車に近いくらいの大事故を起こしていまった場合、車査定における修復歴の影響は大きくなります。

というのも大きな事故を起こしてしまった場合、どれだけ見た目が綺麗でも車全体にダメージがあるので、今後買取後走行している最中に何かしらの問題が発生する可能性が高いからです。

 

修復歴のある車は査定において大きく不利です

 

修復歴アリの車を売る場合査定面ではかなり不利になってしまいます。
ただその修復歴の程度を判断するのはかなり車に詳しい人以外、かなり難しいです。

 

買取業者も修復歴のある車を買い取る際には安く買取らざるを得ないです。

 

というのも最終的に車を購入したい消費者は修復歴アリというだけで結構敬遠してしまうからです。ですから、どうしても査定額は低めになってしまうようです。

また、査定士が買取の際に過剰に修復歴のある車は嫌われるアピールをして安く買取ろうとしてくるパターンもあるようです。
修復歴アリの車の相場よりもかなり低くても疑問に思わず相手の言うがままに安く売ってしまう原因はそんなところにあるようです。
このように修復歴のある車は単純に査定面でも不利です。加えて交渉の場面でも査定士に色々と突っ込まれて反論しにくいことがわかりました。

 

 

修復歴のある車は一括査定に出してみるのが吉

 

以上のように修復歴のある車はどうしても査定で不利になってしまいます。しかしそれでも高く売ることは絶対に無理というわけではありません。
そこで修復歴のある車を1万円でも高く売るには一括査定サイトを利用して複数の業者から査定を必ずもらいましょう。

 

というのは1個だけの買取業者に査定をしてもらった場合、修復歴があるという理由で足元を見てくるからです。

また買取店の客層的に修復歴があると売れないから状態を問わずに、修復歴のある車は高く評価しないという方針の所もあります。
おそらく状態のいい車しか買わないという客層がまあまあいい買取業者がいたりします。

しかし、色々な買取業者に話を聞いてみると修復歴があってもしっかりと直されていればその部分を評価してくれる所も多いです。その結果減額にしても少ない減額で買取りしてくれることもあります。

 

またあなたが仮に人気車種を持っていて売る場合、多少の修復歴であれば大きなマイナスにならないということで高額査定をつけてくれる業者も存在します。
ですからとりあえず一括車査定を利用して複数の買取業者からあなたの車種の評価を聞いてみること、これが非常に効果的です。

 

まとめると修復歴は車査定の中でも大きなマイナスポイントになってしまう部分です。だからこそ極力そのマイナスを小さくするために一括査定をとりあえず受けてみる。これが有効な方法なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ