修復歴のある車を車査定サイトで売ってみた結果

残債やローンが残っている車の車査定

車のローンが残っている場合、車の所有者は車の販売店名、もしくは信販会社の社名になっています。車の車検証を見ると記載されているので一度チェックされるといいと思います。
ローンが残っている場合、あなたの愛車はあなたの所有物ではありません。ですから売却することはできません。
もし売却されたい場合、ローンの残債をゼロ円にする必要があります。
残債がゼロになった場合、所有者欄はあなた名義になるためいつ売っても問題ありません。
またローンの残債が少額になった場合、愛車を売却したお金で残債をゼロにすることも可能です。
これはいわゆる法律上は相殺と呼ばれている方法です。売却金を全額次の車の購入の際の頭金にあてることはできませんが、残債と相殺することはできます。
以上のように残債やローンが残っている場合でも査定にかけることは問題ないことがわかりました。
もとも査定にかける際に、車検証の所有者欄についてかなり厳しく聞かれることも多いです。
というのも残債と買取価格で相殺できなかったらその残債の返済義務が車買取店に移ってしまうからです。
残債が残っている車のネット査定は信販会社、販売店、オーナーであるあなたを交えた3者での車の売却になり結構厳しいものになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ